FC2ブログ

公務員試験の判断推理が苦手な人におすすめの隠れ問題集

派遣からスタート

スポンサーリンク


判断推理が苦手な人にオススメする問題集がある



公務員試験で受験生をを悩ませるのが、判断推理です。重要性は皆わかっていて勉強は早い時期から始めるものの、やった分だけ得点が伸びるといった性質の科目ではないため、最後まで苦手のまま本番といったことも少なくありません。

私も受験生時代はこの科目が本当に苦手で、失点を重ねたことで教養試験の点数が伸びず、一度目の受験は不合格の要因となってしまいました。

そのようなこともあって、2年目に突入した際はどうにか得点源とはいかないまでも失点を少なくすることができないかどうかを模索していました。

そして、今回紹介する以下の問題集にたどり着きました。

私のような苦手な人でも点数を上げることができました。あまり知られていないし、大きな書店でも売られていなかったりする良書です。

判断推理が苦手が受験生に送るおすすめ問題集 標準判断推理




上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”

この標準判断推理の特徴としては

・問題のレパートリーの豊富さ

・基本的な問題、標準的な問題での構成なので難問はあまり無い

を挙げることができます。

スー過去のように難しい問題で構成はされず、初めて勉強する受験生にも優しい問題と解説で構成されています。

なんとういか、非常にオーソドックスな問題集という感じでワニ本とかみたいな感じではないですねw

おすすめの解き方



やり方は巷では言われている通り、問題を解くのではなく回答パターンを暗記することです。

チェック


・解答を見て回答のパターンを暗記する

・自分で解く



このフローを積み重ねていきます。もちろん最初から解いてもいいですが、3分間から5分間と解く時間を必ず決めてとりかかりましょう。

時間は無限ではないので。

ポイントとしては、解答を丸暗記するのはなく、解答パターンを暗記することです。

この単純なフローを問題一つ一つ丁寧にこなしていくと、回答のパターンがストックとして養われます。

目安として、各問題で3回以上回した位だと相当の力がつくと思います。

私もこのフローをこなした後、スー過去をやったみたら問題が以前より簡単に解けるようになってびっくりした経験があります。ぶっちゃけ、1年目の受験の際はスー過去の問題なんて、手も足も出なかった記憶しかないですw

★が多い問題も解けたりしたので、自分でもかなりびっくりした記憶があります。

たとえは古いですが、ドラゴンボールで知らないうちにめちゃめちゃ能力上がってたご飯みたいな?

注意点



・やらなくなるとすぐにストックが消えてしまうので、忘れないように着実に毎日勉強することです。ただし、模試の前だったり、本番の前はこの問題集から離れて、スー過去など新しい問題に取り組んで実践することも大事です。


まとめ



私のような凡人でもできたので、やれば必ず力がつく問題集だと思います。



上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply